Microsoft .NET Framework

Microsoft .NET Framework Service Pack1 3.5

.NET対応ソフトウェアの動作に必須のシステムファイルパック

Microsoft .NET Frameworkは、「.NET Framework」に対応したソフトウェアを動作するために必要な、システムファイルパックです。業務用アプリケーションやユーティリティソフトの中には、「.NET Frameworkが別途必要です」と書かれていることがあります。 完全な説明を見ます

賛成票

  • .NET Frameworkに対応したソフトウェアを動作させるために必要なファイルを一括して導入してくれる
  • インストールは既定のボタンを押すだけで完了する
  • ユーザーによる設定は必要ない

反対票

  • セキュリティ修正が行われることがあるので、画面に通知が表示された際はインストールする必要がある

とても良い
8

Microsoft .NET Frameworkは、「.NET Framework」に対応したソフトウェアを動作するために必要な、システムファイルパックです。業務用アプリケーションやユーティリティソフトの中には、「.NET Frameworkが別途必要です」と書かれていることがあります。

Microsoft Onlinestoreはこちら>>>

Microsoft .NET Frameworkをインストールすることで、そのようなソフトウェアを実行できます。Microsoft .NET Frameworkは、システムファイルをPCに一括してインストールします。一度導入すれば、対応するソフトウェアを実行する度に自動的に呼び出され、バックグラウンドで機能します。ユーザーがMicrosoft .NET Frameworkを設定する必要はありません。インストールも、既定のボタンを押して進めるだけの簡単な操作で完了します。

すでにMicrosoft .NET Frameworkの利用経験がある人の中には「.NET Frameworkにはバージョンがたくさんあって、どれを入れていいのか分からない」ということがあるでしょう。Microsoft .NET Frameworkには新旧バージョン間の互換性があり、新しいバージョンが導入されていれば、古いバージョンを改めて導入する必要はありません。

なお、Microsoft .NET Frameworkはセキュリティ修正を目的とした更新が行われることがあります。その場合、Windowsの自動更新機能によってPCにダウンロードされ、ユーザーに通知が表示されます。セキュリティ修正はPCを安全に利用する上で欠かせませんので、画面に通知があった場合は必ずインストールしましょう。

Microsoft .NET Frameworkは、.NET Frameworkに対応したソフトウェアの動作に必要な、システムファイルパックです。

— ユーティリティーとツール —

Microsoft .NET Framework

ダウンロード

Microsoft .NET Framework Service Pack1 3.5